SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

水谷幹治

PERSONA GRATA
<< 10連休終わる | main | 赤キツ緑タヌ問題解決 >>
裁判の行方は…
0
    《20歳年下の夫殺害か 交際相手の男が起訴内容認める》


    去年5月に三重県鈴鹿市で男性の遺体が見つかって妻と交際相手の男が殺人などの疑いで逮捕された事件で、男は初公判で起訴内容を認めました。

     殺人などの罪に問われているのは鈴鹿市の無職・上山真生被告(30)です。起訴状によりますと、上山被告は去年5月、交際相手の横山富士子被告(46)と共謀して富士子被告の夫の横山麗輝さん(当時25)を暴行し、首を絞めて殺害したなどとされています。7日の初公判で、上山被告は共謀して殺害したとする起訴内容は認めましたが、「絞めたのは自分ではない」と主張しました。冒頭陳述で、検察側は「上山被告が麗輝さんの首を絞めた」などと主張し、上山被告が首を絞めたかどうかが争点となっています。

    −テレビ朝日ニュース−


    この事件、アタシの地元で起こったもので気になっていたのですがやっと裁判が始まったようです。

    まあ、複雑に見えて単純な事件だと思いますが結末はどうなるでしょうか。暫く追ってみたい事件です。
    | - | 18:15 | - | - | - | - |