SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

水谷幹治

PERSONA GRATA
<< 早急の復旧 | main | ラグビーワールドカップJAPAN開幕へ >>
五輪マラソン代表決定!
0
    201909150001-spnavi_2019091500001_view.jpg
    《2020年東京五輪マラソン日本代表選考レースの「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする42.195キロのコースで行われ、中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で優勝、服部勇馬(トヨタ自動車)が2時間11分36秒で2位に入り、ともに代表に内定した。

     日本記録保持者の大迫傑(Nike)は服部から5秒遅れの2時間11分41秒で3位。東京五輪の男子マラソン代表の残り1枠は、12月から20年3月にかけて行われる「MGCファイナルチャレンジ」で派遣設定記録2時間5分49秒を切るランナーの最上位が選ばれるが、記録を切る選手が現れなかった場合は、大迫が代表に内定する。》

    -Yahoo! JAPAN-


    上記のとおり、この間の日曜日に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で中村匠吾が優勝、服部勇馬が2位に入り、ともに代表に内定しました。

    日本記録保持者の大迫傑はMGCファイナルチャレンジにかける結果となりました。

    オリンピックの日本代表は選考にひと悶着ある事が多く過去にもソウルの瀬古利彦、バルセロナの松野明美などが注目を浴びました。

    その為、今回は一発勝負となった訳ですが、日本記録保持者の大迫、前記録保持者の設楽、"山の神" 神野が敗れる結果となりました。

    しかし、

    一発勝負ははっきりしていいです。ソウルには瀬古が不調のまま実績で選ばれ、随分と嫌がらせを受けたみたいです。

    その瀬古が日本陸連マラソン強化・戦略プロジェクトリーダーとなり今回の一発勝負。

    そこでまさかの優勝をしたのが中村匠吾。ふたりは共に三重県出身。瀬古が桑名で中村が四日市とアタシにとって縁のある出身地です。

    もうこれは応援するしかないです。

    アテネの野口みずきのように三重県出身者のマラソン金メダル、しかも東京で…

    期待します!
    | - | 12:42 | - | - | - | - |