SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

水谷幹治

PERSONA GRATA
<< お知らせ | main | 君が代は難しい >>
最年少初ゴールとFW争い
0
    20190910_daihyo2_tnk.jpg
    ラグビーワールドカップも良いのですがサッカーのワールドカップ予選も始まっています。


    《日本代表メンバー発表! 久保建英、中島翔哉ら順当に選出。鎌田大地、浅野拓磨が代表復帰へ》


    日本サッカー協会(JFA)は3日、今月に行われる2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選 兼 AFCアジアカップ中国2023予選に挑む日本代表のメンバーを発表した。

     久保建英や南野拓実、中島翔哉といったメンバーは今回も順当に選出されている。またブレーメンに所属する大迫勇也は今回負傷の影響でメンバー外となっているが、同選手の代わりにフランクフルト所属の鎌田大地が招集されることになった。浅野拓磨も復帰を果たしている。

     日本代表は10月10日にモンゴル代表(埼玉スタジアム)、同15日にタジキスタン代表と対戦する。森保一監督が選んだメンバーは以下の通り。

    ▽GK
    シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
    川島永嗣(ストラスブール/フランス)
    権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)

    ▽DF
    冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
    吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
    酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    畠中槙之輔(横浜F・マリノス)

    ▽MF
    柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ/スペイン)
    原口元気(ハノーファー/ドイツ)
    遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
    伊東純也(ゲンク/ベルギー)
    中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
    南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
    堂安律(PSV/オランダ)
    久保建英(マジョルカ/スペイン)
    橋本拳人(FC東京)
    板倉滉(フローニンヘン/オランダ)

    ▽FW
    鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
    永井謙佑(FC東京)
    浅野拓磨(パルチザン/セルビア)

    【フットボールチャンネル】


    と言った感じで招集メンバーが発表されました。

    まあ、はっきり言ってモンゴルもタジキスタンも負ける相手ではありません。そこで注目されるのがマジョルカ 久保建英の代表初ゴール成るか? です。

    現在日本代表の最年少初ゴールは金田喜稔氏の「19歳119日」久保にはまだ1年程時間はありますが、出来るだけ早く、しかもワールドカップ予選で決めて欲しいところです。

    そしてもう一人、フランクフルトの蒲田大地も注目の選手。

    今回は怪我で大迫は未招集。かねてから大迫に代わるFW発掘が急務の日本代表。様々なFWが呼ばれましたがなかなか大迫のような選手はいません。

    基本的に小柄な日本人FWはスピードを活かした裏抜け型(岡崎慎司タイプ)が多く大迫のようなポストプレーヤーは少ないんです。

    蒲田は大迫ほどではありませんがポストプレーも出来ますし何よりゴール前での落ち着きが素晴らしい選手です。

    近い内に呼ばれるはずのアントラーズの上田綺世とのツートップなんて楽しみです。上田はゴール前でのポジショニングは天才的ですがまだ慌てる所があります。そこで蒲田の落ち着きです。

    上田に蒲田の落ち着きが加われば大迫の後釜最有力候補。その為にも二人のツートップはみたいですね。

    他にも怪我から復帰した シントトロイデン鈴木優磨、そしてそして今回代表復帰した地元出身パルチザンの浅野拓磨。勿論、鈴木武蔵、 オナイウ阿道のブラックハーフの身体能力抜群コンビにも期待します。

    カタールワールドカップに向けて日本代表のFW争いも熾烈になりそうです。
    | - | 16:13 | - | - | - | - |