SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

水谷幹治

PERSONA GRATA
<< バグガード | main | 《本日の一曲》特別編 >>
Japanese boxer 2020
0
    downloadfile.bin.jpg
    《バトラーの母国カナダ紙》

    「勇敢な勝利者は強烈なパンチを顔面に叩き込んだ」

     ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。敵地カナダメディアも「ワンサイドゲームの論理的な結末」と脱帽している。



     5回に猛ラッシュを見せた村田。右ストレート、右フック、そして、左フックと強打を次々に着弾させ、バトラーをコーナーに沈めた。レフェリーが試合を止めてTKO勝ち。圧倒的な強さを見せつけた王者に、バトラーの母国カナダ紙「ジャーナル・デ・ケベック」は「スティーブン・バトラーがリョウタ・ムラタ戦で崩れ落ちた」と速報した。

     記事では「勇敢な勝利者は強烈なパンチを顔面に叩き込み、相手をマットに沈め、2連勝を味わった。非凡なコンビネーションの連続はワンサイドゲームの理論的な結末となった」と日本に乗り込んできた24歳の若き挑戦者を沈めた村田のコンビブローを称賛。敵地でも盤石な戦いぶりは評価されていた。

    (THE ANSWER編集部)


    と言う事で昨日行われた村田対バトラーの一戦は5回TKOで村田諒太が勝ちました。

    前回のブラント戦でも思ったのですが村田は勝ち方が判ったような気がしますねえ。

    その村田、試合後のインタビューで『次はリアルと試合がしたい』と。

    ミドル級の "リアル" は相当厳しいですが、もしかしたら良い試合になるかもって気がしてきました。

    井上尚弥といい2020年の日本のボクシング界はちょっと楽しみです。

    20191224-00000066-spnannex-000-5-view.jpg

    最後は "左" でTKO
    | - | 13:18 | - | - | - | - |