SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

水谷幹治

PERSONA GRATA
<< 奇跡のクルマ | main | 《本日の一曲》 >>
クルマ特集
0
    mazda-rx-7-fd-blauw-2.jpg
    結果的に今週はクルマ特集となってしまいましたがせっかくなので本日もいきます。

    現在、北米では80年代から90年代の日本車、とくに4WDとハイパフォーマンスカーが大人気です。プレステのグランツーリスモシリーズや映画ワイルドスピードシリーズの影響が大きいみたいですね。

    また、アメリカなら25年ルール、カナダなら15年ルールと言うクラシックカー指定ルールがあり、元来アメリカやカナダでは乗れない右ハンドル車や衝突安全性にひっかかるクルマもその年数を過ぎればクラシックカーとして乗れるようになります。

    "クラシックカー" と言っても元々日本車は性能やアフターサービスがよく、しかも車検制度や日本人の国民性もあり中古車の状態が特上であり25年経っても一級品です。(米人にとって)

    こう言う現象を "JDM" (ジャパニーズドメスティックマーケット)と言い元来日本独自の市場を表していた言葉が現在の80年代から90年代の日本車ブームを自体表しています。

    現在の北米におけるJDMはハイソカーブーム、その後のバブル景気を背景とした各メーカーのハイパワーハイパフォーマンス競争がベースとして生まれたクルマ達です。

    日本では老兵扱いされているあの時代のクルマ達、クルマの本場ではまだまだ現役なんです。

    そして今、日本のクルマ好きが集まると80年代から90年代にかけての日本車が話題に上ることが良くあります。

    それはリアタイムだったアタシ達アラフィフだけでは無く当時を知らない若いクルマ好きもです。

    以前、若いクルマ好きと話をしていたときに言っていましたが『 "あの頃" のクルマにリアルタイムで乗ってみたかったです。』と。

    何故かと聞いたら彼はこう答えました。『モデルチェンジの度に性能が上がって新しい機能がついてくるってワクワクしません?』と。

    確かにワクワクしましたねえ。それが当たり前だと思っていたので当時はあまり感じなかったんですが言われたらそうです。

    「スクープ!次の○○はミッドシップ4WDだ!」

    なんてホリデーオートのとばし記事にワクワクしましたねえ〜

    今日は7月3日、そろそろ七夕です。またいつか、そんな時代が来るように星に願いをこめてクルマ特集を終わりにしたいと思います。 ホナマタイツカ。



    添付写真は "あの頃" のクルマで一番好きなFDセブン。(1991−2002)
    | - | 14:50 | - | - | - | - |