SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

水谷幹治

PERSONA GRATA
<< なんか引っかかる事件 | main | ユニカビジョンは残るみたい >>
7人目の淑女
0
    20200916095548.jpg
    本日、日産自動車が7代目となる新型フェアレディZを公開しました。

    厳密にいえばSR210系とSR310系のダットサン フェアレディがありますから "フェアレディ" としては9代目、"フェアレディZ" として7代目になります。

    そんな新型Z、大きな変更点としてはエンジンがV6 3Lのツインターボになった事です。

    先々代、先代の3.5L、3.7LのノンターボNAエンジンから3Lツインターボと小排気量化+ターボ搭載は、昨今流行りのエコロジー重視では無く、ハイパワー化と過去へのオマージュと思われます。

    ハイパワー化についてZは日産スポーツの象徴ですから当然であると思います。

    そして " 過去へのオマージュ" としてはフェアレディZ史上最強エンジンだった V6 3LツインターボのVG30DETTをイメージして開発したのではないかと思います。 

    なぜか? その答えは新型Zのエクステリアです。

    先々代、先代からのデザインアイデンティティの流れで全体的なボディーラインはもちろん、ヘッドライト、フロントグリルの形状は明らかにS30型をデザインチェイスしていますし、ボンネットのパワーバルジなんかはS30そのもの。

    そしてリア、特にテールランプは過去の大ヒットモデルのデザインをミックスした感じでZ32型に一番似ています。

    このZ32型に積まれていたのがV6 3LツインターボエンジンのVG30DETTエンジンでした。

    このように、よくいえば昨今流行りのネオクラシック、わるくいえば過去の栄光の寄せ集め的な新型フェアレディZ、市場の反応はどうなりますか?

    ゴーン無き後の日産自動車の方向性が試されます。

    ちなみにアタシは好きなデザインですね。後にはGノーズもオプションで加えてほしいんですが。

    138041_3A0302.jpg
    S30型Z。ヘッドライト、フロントグリル、パワーバルジがソックリ。

    20200916095621.jpg
    新型Zのリアまわり。

    p1.jpg
    Z32型のリアまわり。テールランプが似ている。
    | - | 13:25 | - | - | - | - |